FC2ブログ

どうなる? A123 SYSTEMS

オバマ大統領がブチ上げた「グリーンニューディール政策」において、その先頭に立つ象徴的存在&代表格でもあった大学(MIT)発のナノテクベンチャーA123システムズ社。新時代のエネルギー分野を引っ張る有望銘柄として期待度満タン!! だったわけですが…。

昨年10月の経営破たんのニュースには軽いショックを受けました。

アメリカの自動車部品会社がバッテリー部門を支援再生するだの、中国の企業がそっくり買収する等々、すったもんだあったあげく先日ついに今後の道筋に決着をみたようです。

中国自動車部品最大手「万向集団」なる会社の米子会社に売却されたとのこと。

A123システムズ社のリチウムイオンバッテリーは、EVやHV車用としてだけでなく、その高い信頼性から電動工具をはじめあらゆる日用品に、さらには一部軍事関連にも採用されていたといいます。

米政府が資金面だけでなく名実ともにバックアップしてきたに等しいA123システムズ社のコアテクノロジーは、いったいどうなってしまうのでしょう。あっさり他国企業に流出するのか、それとも封印されてしまうのか?

たとえクギをブッ刺したとしても火を噴いたりしない高い安全性を持つリチウムイオンバッテリーはほかに見当たりません。なにかいい方法で存続し、できればこれまで以上に広く流通してもらいたいものですよネ。

ひょっとして、いま持ってる在庫が最後の…なーんて。


A123 SYSTEMS ANR26650M1A[1] A123 SYSTEMS APR18650M1A-2
ANR26650M1AAPR18650M1Aともに在庫僅少☆お見逃しなく!!

以上、ちょっと気になる時事ネタ雑感でした。




関連記事

TrackBack

http://rclink.blog.fc2.com/tb.php/39-4adc6885

プロフィール

RCLINK

Author:RCLINK
中古ラジコン・絶版・アウトレット品専門店『RCLINK(アールシー・リンク)』webショップです。ラジコン用品(未使用品・中古品)やアウトレットパーツ、絶版ラジコン用品の販売のほか、ラジコン買取も行っております。ぜひお店をのぞきにいらしてください。

『RCLINK』webショップ http://www.rclink.jp/

最新記事
最新トラックバック

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR