FC2ブログ

CHECK!! タミヤグランプリ全日本選手権 東京大会 【PART2】

TAMIYA GRAND PRIX

参戦記 その2
~実戦編~


予 選 1 回 め
タミヤGP東京201607


今年は、翌日(日曜)にもMシャーシクラスが設定されているせいか、参加者が分散したようでエントリーは48名と若干少なめ。それでも代表権のかかったレースなので、エントラントの濃さで見れば相当なもんです。本気系のひとばっかり、みたいな。


☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆


さて、朝イチバンの練習走行。
コースイン直後に直進具合を確認していたところ、いきなり後ろからおもいっきり突っ込まれ壁に激突するアクシデント発生!! 新品ボディの様子(ダメージ)が気になって気になってマシンのフィーリングチェックどころではなくなり…。なんだかなぁ…。

予選組み合わせはMジャパンクラス最終組。1回めは前列スタートです。まずは「致命的なロスを冒さぬよう無難に走り切ること」を意識していきます。

パワーもハンドリングも問題なくマシンの調子はいいかんじ。
どうにかそれなりに走りきって2番手でゴール。
Mジャパンクラス全体では6番手につけました。

でも、2分走ってトップは12周+1秒。自分は11周+1秒。まるまる1周差とな。
なんてこった。1周あたり0.9秒も遅れてるというコトですかい。
いやぁ~レベルがちがいすぎますな。



予 選 2 回 め
タミヤGP東京201606

セッティング変更等はいっさいナシ。タイヤもモーターもまったく触らずそのまんま。例によってバッテリーの積み替えのみで出走準備完了です。

せめてトップと同一周まで、という思いで攻め込んではみたものの…会心の走りにはほど遠く、後半何度かラインを大きく乱してタイムロス。

結局、1秒ほどのタイム更新にとどまり、全体では8位にランクダウン。辛うじてAメインに引っかかりましたが、なんかイマイチ消化不良的な冴えない走りでした。


タミヤGP東京201608
うまく走ってるつもりでもスッと離され置いていかれる。トップクラスのマシンとの差は歴然。トラクション性能が段違いなのか!? ガチガチに固めたデフを組んで、それを操る華麗なテクを身に着けないと上位はねらえないってこと!?



決 勝 レ ー ス

コースイン直前にカーナンバーが8から7に変更になったりでドタバタでグリッドに。理由はよくわかりませんが、7番手からのスタートとなりました。

タミヤGP東京201610


で・・・。

レース中のことはほとんどなにも覚えておりませーん。あまりに集中していたのか、それともよほど操縦にいっぱいいっぱいだったのか。何度か接触して転倒したような…!?

あ、そうだ、思い出した!! 
「それ」は突然なんの前触れもなくやってきた。
スタートから2周め突入してすぐのこと。いきなりハイサイドして転げたんだった。

2コーナーと最終コーナーで、ほんの少しでもハンドル切りすぎたり失速させたりすると、イン側がフワッと浮き上がる。予選まではそんな兆候ぜんぜんなかったのに。

それで「ヤバいヤバい…どうすれば??」と、一瞬でパニック状態に陥り頭真っ白に→ステアリング操作が一気に硬直→焦りと緊張でプロポ握る手が震えだし…。

そんなんでキレイにラインをトレースするような走りなどできるはずもなく。

結果は、スタート順といっしょの7位フィニッシュとなりました。

ここへきて路面状況がよくなりグリップが上がったのでしょう。
足をハードめにセッティングしてる自分のマシンは、路面が上がると食いゴケのリスクが高まることはじゅうぶん承知していました。それでも、まさか…という思いです。心の準備ができていなかった。ヘボいなぁ~。


ここからさらに順位を押し上げようと思ったら、せめてひと月に1回くらい(もっとか!?)はレーシングスピードで、できればバトルを伴うようなシチュエーションで走らせてないとダメでしょうね。

いまみたいなのんびりペースで取り組むスタンスから一歩踏み込んで、レース感覚を呼び覚ますようなトレーニングが必要っぽいです。

マシンメイクうんぬん言う前に、まずは「突発的なアクシデントにもテンパらず冷静に対応できる精神力を養うべし」ってことですな。少なくとも、ほかの参加車に迷惑かけないように走れるようにならんと。

参加されたみなさん、どうもお疲れさまでした。




タミヤGP東京201601










関連記事

【新入荷】タミヤ FF-03 EVOシャーシキット【コンディション良好!!】PageTopCHECK!! タミヤグランプリ全日本選手権 東京大会 【PART1】

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://rclink.blog.fc2.com/tb.php/207-19ce988a

プロフィール

RCLINK

Author:RCLINK
中古ラジコン・絶版・アウトレット品専門店『RCLINK(アールシー・リンク)』webショップです。ラジコン用品(未使用品・中古品)やアウトレットパーツ、絶版ラジコン用品の販売のほか、ラジコン買取も行っております。ぜひお店をのぞきにいらしてください。

『RCLINK』webショップ http://www.rclink.jp/

最新記事
最新トラックバック

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR