FC2ブログ

【新入荷】タミヤ TRF102 & F103GT【走行わずか極上品】

こんにちは、『RCLINK』Webショップです。
タミヤ TRF102ほか入荷いたしました。


『タミヤ TRF102』『F103GT』
TRF102 F103GT

気軽さと楽しさが高い次元で融合したダイレクトドライブ車の超おススメモデル入ってきました。

最新型でこそなくなりましたが、まだまだ現役バリバリのハイエンド「TRF102」は、精悍なルックスが所有欲をくすぐるブラックエディション。

ツーリング系ボディで断然軽快な走りが楽しめるいまや貴重な存在の「GT」は、うれしいOPパーツ付きとなっています。
どちらもとっても魅力的な1台です。

準備ができ次第ショップページに掲載予定です。
お見逃しなく!!







会員登録されているかたは「ログイン」をお忘れなく!!

このところ、会員登録されているかたでログインせずにご注文されるお客さまが多々いらっしゃいます。ちょっともったいない話なので、ここで触れさせていただきます。

会員さまは送料が一律200円割引となります。

些細な特典ではありますが、当店が提供できるただひとつの会員向けサービスでもあります。
ご注文の際は、ご面倒でもログインをお忘れないよう、あらためてお知らせ申しあげます。






この週末は、陽気のよさに誘われてD-Drive Sportsサンにおじゃましてスポーツ走行!!

あらためて確認したいことがあって、いつものF104にプラスしてTRF102(TRF101フロントサス仕様)を比較用として持ち込んでみました。

Tバーでロール制御するということではこの2車のサス構造は共通ですが、ピッチング方向のメカニズムに関しては両車でだいぶ違いがあります。

通常のTバー(F104)だと、1G着地状態からピッチングダンパーが伸びる方向にも縮む方向にもバネの反力が作用するのに対し、TRF102の構造は、基本、コイルスプリングで支える縮み側からしか反力が生まれません。

F1に代表されるようなこのタイプのリヤサスって、加速するとき、モーターから伝達されるトルクはスパーギヤ側に伝わる一方、シャーシ側へはリヤセクションの前側を持ち上げるようなチカラとして働きますよね。

つまり、そのときダンパーは伸びるよう作用するワケで。そこから戻ろうとするチカラ(板バネの応力等)こそが、加速初期のトラクションであったり前へ蹴り出すフィーリングに直接影響する需要なファクターと考えられます。積極的にいいポイントを探らない手はないってもんですよね。

そこでTRF102の出番。キット準拠に加え、伸び側ストロークをほとんどゼロに制限した仕様と、内部に細工して伸び側にもバネが作用するダンパーを用意して、それぞれ交換し走行フィーリングをチェックです。

まぁだいたい想定したとおりの結果を得ました。個別の仕様の善し悪し等についてはここでは触れません。ひとつ言えるのは、標準型のTバーは、なんだかんだ言っても、やはりかなりよくできたメカニズムなんだナ、ということです、はい。



F104 TRF102
サーボ、アンプ、モーター、タイヤすべて同一ながら走りの質はまったく別物の2車。ラバータイヤ使用時は、TRF102に組んだTRF101の足まわりがネガ要素となってるかも。タミグラなら自分はF104かな。上級者はシャープなTRF102がよろしいかと。


F104 TYRE
まだこの時季の気温だとリヤソフトタイヤ(W印)の傷みが激しめ。ハードタイヤ(N印)でもじゅうぶん走れるどころか、まったく巻く気配すらみせずむしろ具合いいくらいだったり。ラバータイヤの限界の低さはまったり楽しむには最適ですよネ。


M-07 F104 TRF102
M-07 CONCEPTのほうはタミグラ以降好調をキープ。これまでグリップがよすぎて巻いて使えなかった手持ちの必勝Sグリップタイヤが、いまの仕様とは相性良好。コーナー後半がゴキゲンです。おかげで調子乗ってこの日二度もコケてしまった。






【新入荷】タミヤ F104 X1【即戦力系限定アッパーミドル車】

こんにちは、『RCLINK』Webショップです。
タミヤ F104 X1入荷いたしました。


『タミヤ F104 X1 シャーシキット』
F104 X1

ブラック&ダークチタンカラーのコントラストがシブい限定モデル“X1”のユーズド入りました。

初心者から上級者まで、レベルを問わずだれが操っても期待に応えてくれる懐の広い操縦性が特徴の人気車です。

小キズくらいはありますが、主要パートは状態もバッチリで問題ナシ。このまま即タミグラもイケちゃいそう。断然おススメ!!

準備が整い次第、ショップページに掲載予定です。
お見逃しなく!!







ラジコン関連アイテム買取強化中!!

使う機会がなくなった旧車&型落ちマシンも大募集!!

活躍の場をなくし押入れの奥に仕舞いこんだ先代モデルやメカ類など、ありませんか?
RCLINKではそんな「お宝」の買取に力を入れています。
価値を正しく評価し、できるかぎり高価買取いたします!!


★古くてもダイジョウブ!! 
 →ていねいに扱われていたモノはしっかり値が付きます!!
★組立途中で断念…なーんてキットも大歓迎!! 
 →ハンパ物けっこう得意なんです!!


買取価格に自信あり!!
近郊に限り出張買取もやってマス!!
ぜひ、ご利用ください。


お問い合わせはお気軽に!! →→→ mail@rclink.jp
詳しくはコチラからどうぞ。


F104_20180907151040c3c.jpg






【新入荷】タミヤ TB-04R【走行わずか・程度良好】

こんにちは、『RCLINK』Webショップです。
タミヤ TB-04R入荷いたしました。


『タミヤ TB-04R』


モデル末期に登場する“R”が付くグレードは、まさに集大成的なメーカーフルチューン仕様車。性能を引き上げるために開発された数々のOPパーツが、これでもかと満載されているのが特徴です。

このTB-04Rは走行も少なく、まだまだこれからガンガン走れる上等な個体。レースでの即戦力車を探しているかたにはうってつけの、コスパに優れたおススメモデルです。

準備が整い次第、ショップページに掲載予定です。
お見逃しなく!!







月イチ恒例☆ちょいラジ

今回は、いつものM-07 CONCEPTともう1台、M-06を連れ出してみました。

M-06 M-07_01

このM-06ってのがまた、とってもゴキゲンなヤツなんですね~。

レースやバトル前提でなければ、走らせて楽しいのは断然コッチ。タイヤの前後バランスがバッチリ決まったときの軽快で素直なフィーリングは、かなり好感度高いです。FF車とはまったく異なる、リヤ駆動ならではの前に蹴り出す動きがたまらんッス。

実をいうと、先月行われたタミグラ東京大会には、このM-06で出ようとも考えたんです。けっこうマジで。M-07がいつまでたっても気難しい駄々っ子なもんで。

ラップタイム的にはM-07にわずかに劣ってるようですが、まるで勝負できないほど遅いってワケじゃない。

以前、自分の同士で計測比較したら、1周9~10秒程度のコースでベストがコンマ3秒落ちくらい。アベレージではそれほど大差ないし、カーペット路面ならハマれば一発逆転もじゅうぶんあるゾ!! みたいな。

この日は前後Mグリップを履いた状態だと巻き気味、フロントをSグリップにするとアンダー傾向と、想定どおりのわかりやすい動き。あえてマシン側をイジることはせず、その両方の動きをたっぷり堪能しながらドライビングの鍛練に勤しみましたとさ。

で、M-07のほうはというと、結局、3時間の走行枠中、3~4分くらいしか走らせなかったという…。「いいのかそれで!?」的な。


M-06 M-07_02
カーペット路面では、なんらかの手段でフロントのオーバーグリップ対策をしなきゃならんM-07に対し、M-06は断然素直な動きでセッティングも詰めやすい。重量面のハンデをもうちょいどうにかできればなぁ。







PageTop

プロフィール

RCLINK

Author:RCLINK
中古ラジコン・絶版・アウトレット品専門店『RCLINK(アールシー・リンク)』webショップです。ラジコン用品(未使用品・中古品)やアウトレットパーツ、絶版ラジコン用品の販売のほか、ラジコン買取も行っております。ぜひお店をのぞきにいらしてください。

『RCLINK』webショップ http://www.rclink.jp/

最新記事
最新トラックバック

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR