【新入荷】タミヤ TA03F PRO DRIFT SPEC / TA06 PRO【程度良好】

こんにちは、『RCLINK』Webショップです。
タミヤ TA03F PRO ほか入荷いたしました。

『タミヤ TA03F PRO DRIFT SPEC』
TA03F PRO

すでに旧車と呼ばれる領域に達してるモデルなので、キレイな個体に出会うチャンスもだいぶ減ってきているのではないでしょうか!?

今回入荷したのは、ドリフトスペックとして再デビューを果たした21世紀版の限定バージョン(ドリフト仕様とは言ってもタイヤが異なるくらいで中身は初期からほぼいっしょ)。

フロントモーター4駆ならではの独特の走行フィーリングが、ドリ・グリ二刀流で楽しめちゃう、とっても価値あるモデルです。



『タミヤ TA06 PRO』
TA06 PRO

こちらのTA06 PROはバリバリにレースを意識したOP満載仕様ユーズド。走りに効果てきめんな隙のないセットアップで、戦闘力は相当高そうな雰囲気です。


いずれも準備が整い次第、ショップページに掲載予定です。
お見逃しなく!!




[2017年8月30日追記]
thank you,SOLD OUT!!
タミヤ TA06 PRO、TA03F PROともご売約済みとなりました。ありがとうございました。
今後も特選中古モデル&各種厳選アイテムの入荷予定がありますので、引き続き『RCLINK』webショップにご期待ください。




続きを読む

【新入荷】タミヤ FF-03 / FF-03 PRO【未走行新同品】

こんにちは、『RCLINK』Webショップです。
タミヤ FF-03 ほか入荷いたしました。


『タミヤ FF-03』『FF-03 PRO』


標準グレードのFF-03は、微妙にお手付き状態で入荷したキットを、検品したのちイチからカタチにしたモノ。走行どころかメカ積みさえもしていない、まさに新車そのものと言っていい好物件デス。

もう一方のPROは、主要箇所に相応のOPパーツが投入された即戦力マシン。こちらも未走行でかぎりなく新車に近い極上コンディション車となっています。

準備が整い次第、ショップページに掲載予定です。
お見逃しなく!!





FF-03_02.jpg
キット内容物のチェックを済ませたあと、そのまま組み立てに移行。なんの問題もなくサクサク順調に進行し、3時間ほどでダンパーなど一部を残した半完成状態に。




【新入荷】タミヤ F103 RMシャーシ / F103用ボディ各種【未走行】

こんにちは、『RCLINK』Webショップです。
タミヤ F103 RMほか各種入荷いたしました。


『タミヤ F103 RM』
F103 RM

いまだ根強い人気を誇るF103シャーシの未走行極上物です。同時にF103用ボディパーツ(Mタイプ)も入荷。こちらはおそらく催事限定販売品で、いまや貴重になりつつある掘り出し物となります。

準備が整い次第、ショップページに掲載予定です。
お見逃しなく!!



[2017年8月30日追記]
thank you,SOLD OUT!!
タミヤ F103RMはご売約済みとなりました。ありがとうございました。
今後も特選中古モデル&各種厳選アイテムの入荷予定がありますので、引き続き『RCLINK』webショップにご期待ください。





M-07 CONCEPT
その可能性は!?


PART2

シェイクダウンはカーペット路面の屋内コースにて。比較用にノーマル+α仕様(フルベア、CVAダンパー、ユニバーサル)のM-05を用意して、いざチェック!!

M-07 CONCEPT 05
M-05、M-07 CONCEPTともにライトチューンモーター搭載、Mグリップタイヤ装着。ボディはスイフト(ホイールベースM寸)で走行。俊敏な身のこなしのM-05に対し、M-07 CONCEPTは路面に張り付くようなコーナリング。

走り出してまず感じたのは「足がよく動くな~」ってコト。軽快でダイレクト感ある動きが持ち味のM-05と比べると、しなやかすぎちゃってなんだか違和感ありまくり。

ロールが深く長いんです。それもM-05のようなイン側が持ち上がるロールではなく、アウト側にグッと荷重が乗る“沈みロール”が特徴的。

バネ&ダンパーがやわらかめの設定なのもありますが、これらはサスペンションジオメトリーが見直されロールセンターが下がったことなどが大きく効いてると思われます。

コーナー進入から、ほんといい旋回姿勢を見せますねー。しっかりグリップ感を伴った安定感があって、オンザレールに近い感覚かも。躊躇なく握っていけるので速さにもつながっていると思われます。

デフの特性が影響しているのか、コーナー立ち上がりは若干デリケートな挙動(舵残りのような感覚)をみせる場面もありますが、慣れてくればぜんぜん順応できるレベル。

また、いったんラインを外すと修正にワンテンポ遅れたり切り返しなどで鈍重さを見せるシーンもあったりしたので、ためしにリヤスプリングをノーマルの黒青からツーリングカーOPの青ロングに変更してみたらコントロール性が向上。

コースレイアウトや路面とタイヤの相性にもよりますが、足をかためる方向でセッティング変更してやると、よりドライビングがイージーになってMシャーシっぽい挙動が楽しめると思います。個人的にはスタビライザー装着が効果的では、とイメージしておりますがどうでしょう!?

レース目線で見るなら、現段階ではノーマル+αのM-05は余裕で置き去りにするポテンシャルはありそうですが、レース用に高度にセットアップされたM-05相手にはちょっと歩が悪いかもしれません。まぁ、今後の熟成次第で、いずれそのポジションも逆転してくるとは思いますが。

完全ドノーマルで行ったシェイクダウンはおおむね好感触。でも正直「どうなのよ!?」と思う気持ちが少なからずあったのも事実です。

限界の低さや一種の危うさがあって、それをどう克服して走らせるかがMシリーズの醍醐味であり楽しさだってのに、そういった刺激もドキドキ・ワクワクする感覚も希薄ときた。Mっ気がまったく表面化しないMシャーシとはこれいかに!? なーんて。

M-05とは特性に違いがありすぎて単純比較できません。一長一短あるというより、もう別物(別カテゴリー)と判断していいかもしれませんね。

「これ以上の走りの追求は結構。お願いだから空力ボディとか絶対出さないでちょうだいね」と強く感じた、それだけいろんな意味でインパクトのあった初走行なのでした。



M-07 CONCEPT 06
タイヤがしっかりグリップしていたこともあり、左右の切り返しなどで少々腰砕け気味だったのでリヤのバネを交換してフィーリングチェック。繊細なコントロールができる上級者はノーマルでOK、ラフなドライビングのひとはハードめ方向が好結果につながりそう。






PageTop

プロフィール

RCLINK

Author:RCLINK
中古ラジコン・絶版・アウトレット品専門店『RCLINK(アールシー・リンク)』webショップです。ラジコン用品(未使用品・中古品)やアウトレットパーツ、絶版ラジコン用品の販売のほか、ラジコン買取も行っております。ぜひお店をのぞきにいらしてください。

『RCLINK』webショップ http://www.rclink.jp/

最新記事
最新トラックバック

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR