FC2ブログ

CHECK!! タミヤグランプリイン横浜 (後編)

参戦記 [実戦編]

当日は朝から雨が降ったりやんだりの生憎の空模様。予定の受付開始時刻になっても天候は回復せず、会場には不穏な空気が漂いつつ…。

TAMIYA GP01


練習走行→予選1回め。

「やっぱりトーインアップライト買っておけばよかったかなぁ」などと心のなかで呟きながらせっせと準備を整えます。そうこうしているうちに雨も上がり、公式ではないフリー参加(カテゴリー不問)の練習走行タイムに。

コースに出ているマシンを見てみると、全車見事なまでにドリフトしっぱなし。ただでさえ食わない石畳風(!?)路面、それが半渇き状態じゃ無理もないか。

TAMIYA GP06


グリップのいい路面でさえスピンしまくる自分のTT-02の走りがまるで想像できません。ここでクラッシュして壊すわけにはいかない(予備部品なし)ので、ある程度路面がよくなるまでは様子見です。

しばらくしてコース内のマシンの挙動が落ち着いてきたようなので、自分もマシンのチェックにコースに出ます。まぁ予想していたとおり、まるで氷上のようなフィーリング。さすがにハイグリップコースのようにコーナー入り口でブーメランスピンするようなことはないですが、ケツの軽ーい動きはあいかわらず。
「きっと本番はダイジョーブでしょ」といった、なんら根拠のない淡い期待はもろくも崩れ去りました。

グイッと一気に握ろうもんなら直線であっても即座にスピンモードに突入です。恐る恐るそぉ~とアクセルオン、ステアリング操作もデリケートなんてもんじゃない。直線の修正舵くらいの操作量でほとんど走れちゃうような、そんな感覚です。

おそらくTT-02で参加されているかたは、みなさんおなじような感覚だったのではないでしょうか。

なんらかのセッティング変更でリヤのメカニカルグリップを高めることができるならいいのですが、その場で劇的に効果が表れる処方箋など存在しないことは事前に確認済み。このままレースするしかありません。


そうそう、公式練習ではじめてジャンプ台飛びましたヨ~。スケール感無視(!?)の2連大ジャンプは、ラリー競技というより“エクストリーム系ビッグエア”といったかんじ。当然、着地は「神のみぞ知る」みたいな。

納得できるようなキレイな姿勢で飛べる確率は、んー、そうだなぁ~、がんばって3分の1くらい?? 跳ねて転ぶくらいなら御の字、ヘタすりゃコース外へダイブですから。それこそ祈るような気持ちでマシンの行方を目で追います。

ギャラリーウケがいいのはわかります。でも、『ガシャッ!!』という聞きたくないイヤ~な衝撃音が毎周確実に訪れるのはストレス以外の何物でもなく…。せっかくボディも新調したってのになー。不慣れな自分には精神的にちょっとキツイっす。



続きを読む

CHECK!! タミヤグランプリイン横浜 (前篇)

TT-02ライトチューン仕様でどこまでイケる!?

ラリーカーグランプリ初挑戦 の巻

ラリー車クラスは、ラインアップ中もっともハイパワーなランクのモーターを載せて争う本気クラスのうちのひとつ。これまでこのカテゴリーへの参加はもちろん、ジャンプ台を飛んだ経験すらもありません。期待と不安が入り混じるこの新チャレンジ、はたしてどんな結末が待ち受けていたでしょーか!!

TAMIYA GP02
2015/3/21 横浜赤レンガ倉庫イベント広場

今回のレースは新車のTT-02SA(メーカー完成車)で挑みます。マシンスペックはごくごくライトな仕様で、メカを手持ちのものに換えた以外はボールベアリング装着とダンパー交換(CVAスーパーミニ)、ギヤ比変更のみ。あとはレギュにあわせ、車高をハイポジションに変えタイヤをラリーブロックにしただけ。

生粋のエントリーモデルなので、足まわりなどはセッティング変更できる余地もほとんどありません。無謀なことは百も承知。これで高性能なラリー専用モデルXV-01相手にどこまで食い下がれるか、いっちょ勝負です。


TAMIYA GP07


参戦記 [準備編]

Chapter 1
パワーユニット選び

使用モーターには選択肢がいくつかあって、ま、フツーに考えればブラシレス10.5T各種(センサード)が順当なんでしょうが、残念なことにいま手元にありません。新たにリリースされる新型アンプ(TBLE-03S)が間に合うようなら、新規にTBLM-02モーターとセットで購入してもいいかなぁ~などと考えていたのですが、どうも間に合いそうもないときた。

というわけで、今回はウチにストックしてたブラシレス12T(センサーレス)か、スーパーストックBZモーターでいくことにします。じゃあそのどちらを使うか。厳密に比較したことがなかったので、あらためてその性能差を身をもって知るべく事前にチェックしてみることにしました。


ストック状態でのスペックは、TBLM-01(12T)がKV値3160で、スーパーストックBZが無負荷回転数26500rpm(7.2V)。KV換算だと約3680といったところ。ちなみに、センサーレス10.5TがKV値3370で、タミグラで制限される上限がKV値3730となっています。

それぞれ手持ちのモーターのコンディションを調べるため、タミヤが定めている測定方法を再現して実際に計測してみました。


●TBLM-01 12T→ KV値 3195~3200(Li-Fe 6.6V)/3135~3190(Li-Po 7.4V)
●スーパーストックBZ→ KV値 3729~3735(Li-Fe 6.6V)/3775~3825(Li-Po 7.4V)


計測用電源を電圧別に各種用意し、それぞれ複数回計測して平均をとりました。結果は、低電圧時(Li-Fe)に16~17%、高電圧時に20%ほどBZが優位ということがわかります。BZが電圧の高い時ほどまわるようになる傾向というのは、電圧が低い状態だとブラシの接触抵抗などで出力損出の割合が多い、ということなのでしょうか。

そして気になったことがもうひとつ。計測中は常にバッテリー電圧をテスターでモニターしているのですが、ブラシレスのほうが断然電圧降下が少ないということ。効率がいいから?? どうやらこのへんにも秘密がありそうです。

単純にKV値の大きさイコール速さなら話は早いんですけどね。そう単純なもんではないので、この数字の差が実際はどんなフィーリングの差になって表れるのか、次は実走チェックです。


TAMIYA GP10



続きを読む

【新入荷】タミヤ M-05 フィアット500完成ボディ【程度極上中古】

こんにちは、『RCLINK』Webショップです。
タミヤ M-05入荷いたしました。

『タミヤ M-05』



走行軽微のノーマルシャーシに未走行のメーカー完成ボディを載せた仕様です。コンディションもルックスもバッチリ!!

ただ、ボディマウントが短かめにカットされているため、ボディ高を現状より上げられないところは若干の懸念材料と言っていいかもしれません。

詳細は商品ページをごらんください。
お見逃しなく!!



[2015年7月12日追記]
thank you,SOLD OUT!!
タミヤ M-05はご売約済みとなりました。ありがとうございました。
今後も特選中古モデル&各種厳選アイテムの入荷予定がありますので、引き続き『RCLINK』webショップにご期待ください。




【新入荷】タミヤ FF-03 CIVIC TYPE-R & CR-Z【‭未走行】

こんにちは、『RCLINK』Webショップです。
タミヤ FF-03入荷いたしました。

『タミヤ FF-03』
FF-03 CR-Z CIVIC

CR-Zのほうはボディのみ他車からの流用ということで使用歴ありですが、シャーシはともに未走行のハイクオリティユーズドとなります。

FFマシンのおもしろさをまだ未経験のかたはこの機会にぜひどうぞ。ほんと、どなたにもおススメできる、楽しさ&可能性をたっぷり秘めた当店イチオシのモデルです!!

※未組立のFF-03新品キット(カストロールシビックVTi)も2台スタンバイ中!!

準備ができ次第ショップページに掲載予定です。
詳細は商品ページをごらんください。
お見逃しなく!!


[2015年7月19日追記]
thank you,SOLD OUT!!
タミヤ FF-03両モデルともにご売約済みとなりました。ありがとうございました。
今後も特選中古モデル&各種厳選アイテムの入荷予定がありますので、引き続き『RCLINK』webショップにご期待ください。





【新入荷】タミヤ TA06 ORC雨宮SGC-7【TBLE-01付き】

こんにちは、『RCLINK』Webショップです。
タミヤ TA06入荷いたしました。

『タミヤ TA06』


未走行ノーダメージの高品質特選ユーズドです。走行を前提として組まれた車体ではないらしく、入荷時デフにもダンパーにもオイルが入ってない(入れた形跡すらない)状態でした。

タミヤのセンサーレスタイプのブラシレスモーター用スピードコントローラーTBLE-01(中古)が載っているところも注目です。ワイヤリングが未完成なので、しっかりハンダ付けできるかた向きとなります。

詳細は商品ページをごらんください。
お見逃しなく!!



[2015年7月29日追記]
thank you,SOLD OUT!!
タミヤ TA06はご売約済みとなりました。ありがとうございました。
今後も特選中古モデル&各種厳選アイテムの入荷予定がありますので、引き続き『RCLINK』webショップにご期待ください。




PageTop

プロフィール

RCLINK

Author:RCLINK
中古ラジコン・絶版・アウトレット品専門店『RCLINK(アールシー・リンク)』webショップです。ラジコン用品(未使用品・中古品)やアウトレットパーツ、絶版ラジコン用品の販売のほか、ラジコン買取も行っております。ぜひお店をのぞきにいらしてください。

『RCLINK』webショップ http://www.rclink.jp/

最新記事
最新トラックバック

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR