FC2ブログ

【新入荷】タミヤ TT-02 TYPE-S【程度良好USED】

こんにちは、『RCLINK』Webショップです。
タミヤ TT-02 TYPE-S入荷いたしました。


『タミヤ TT-02 TYPE-S』
TT-02 TYPE-S

優れた走行特性で人気のタイプSのユーズドです。

ノーマル+αの仕様ですが、ユニバなど要所は抑えてあるのでタミグラ参戦なども余裕でこのままOK。コスパ的にもじゅうぶん納得できる1台と思われます。

準備が整い次第、ショップページに掲載予定です。
お見逃しなく!!






ちょいお役立ち Tips

ボディカットテクニック編

ボディ製作でまず最初にやってくる難関が、ポリカの切り出し作業。みなさんはハサミ派!? それともカッター派!? それぞれ工夫しながら各々独自の方法で取り組まれていることと思います。

先日、あまりにも手痛い完成度の、おそらく相当苦しみながら格闘したと思われるボディに出くわしました。

きっと初心者が、ごく一般的な普通の事務用ハサミで頑張ったのでしょうね。仕上がり具合を見るかぎり、その作業した方の頑張りは報われているようには到底思えないワケでして。

「もうイヤだ。懲り懲り…」と、心が折れていなければと願わずにはいられません。

作り上げるモノですから出来栄えは満足度に直結しますし、また、その過程でいかに労力を抑えるかというのも、RCに向き合ううえではとても大事なことと考えます。

ボディを切り出す際、なにかと手間取るホイールアーチ部も、ちょっとした道具とコツさえ知っていれば意外と簡単に処理できちゃうんですよね。

そこで少し秘訣を。

用意するものは、市販のサークルカッターとノギス(なくても可)、コピー用紙などの適当な紙。


◇    ◇    ◇

Body making Tips 01
(1)アーチ部カットラインを円に見立て直径を計測。サンプルはタミヤR35GT-Rです。前後ともおよそ74.6mm径のほぼ真円に近い形状。

Body making Tips 02
(2)サークルカッターの刃を半径の37.3mmにセットし、適当な紙を74.6mmで抜く。

Body making Tips 03
(3)型紙をボディのフェンダーカットラインにピッタリと当てがう。

Body making Tips 04
(4)型紙に開いているサークルカッターのセンター穴をマジック等でボディに正確にトレース。

Body making Tips 05
(5)マーキングしたところにサークルカッターをセットし、軽く切れ込みを入れるように2~3回ゆっくり丁寧にまわす。

Body making Tips 06
(6)周辺部をハサミ等でアシストしたら、刃を入れたところを折り曲げて切り離せばキレイな円形状ホイールアーチの出来上がり。


◇    ◇    ◇

いびつな形のホイールアーチであっても、まずはこの方法で近いサイズの真円で切ってからハサミやヤスリなどで微調整するように形を作っていけば、けっこういいかんじに仕上げられると思います。少なくとも、フリーハンドでカットするよりラクだし失敗もしないはず。

ちなみに、よれたりしたらカッコ悪いサイドステップの直線部のカットラインなどは、ステンレススケールを当てがってカッターでビシッと一発カット。
↓   ↓   ↓
Body making Tips 08

ズレそうな感じがしたときは、スケールをボディにマスキングテープで貼りつけてやると作業しやすくなってベターでしょう。

シャープでクリアな円形&まっすぐキレイな直線でカットできると、とっても気持ちいいですヨ!! ぜひお試しを。



Body making Tips 07
カットがうまくいかないと見た目によくないだけでなく、手を怪我するおそれもあるし、ブツかればヒビが入りやすい等々ネガな側面が多々あったり。このへん40年あまり経過してまるで進化していないのは嘆かわしいですな。メーカーには走りの性能ウンヌンよりも先にこういうところの改変を望みたいですね。


Body making Tips 09
Body making Tips 10
カットが終わったらキレイに洗浄し乾かしたのちマスキング作業。

Body making Tips 11
窓枠やグリル、リップ部など黒い部分を先に塗装。

Body making Tips 12
しっかり乾燥させたら次いでメインのボディカラーを噴く、と。
以降省略で。







CHECK!! タミヤグランプリ全日本選手権 東京大会 【PART2】

TAMIYA GRAND PRIX

参戦記 その2
~実戦編~


予 選 1 回 め
タミヤGP東京201607


今年は、翌日(日曜)にもMシャーシクラスが設定されているせいか、参加者が分散したようでエントリーは48名と若干少なめ。それでも代表権のかかったレースなので、エントラントの濃さで見れば相当なもんです。本気系のひとばっかり、みたいな。


☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆


さて、朝イチバンの練習走行。
コースイン直後に直進具合を確認していたところ、いきなり後ろからおもいっきり突っ込まれ壁に激突するアクシデント発生!! 新品ボディの様子(ダメージ)が気になって気になってマシンのフィーリングチェックどころではなくなり…。なんだかなぁ…。

予選組み合わせはMジャパンクラス最終組。1回めは前列スタートです。まずは「致命的なロスを冒さぬよう無難に走り切ること」を意識していきます。

パワーもハンドリングも問題なくマシンの調子はいいかんじ。
どうにかそれなりに走りきって2番手でゴール。
Mジャパンクラス全体では6番手につけました。

でも、2分走ってトップは12周+1秒。自分は11周+1秒。まるまる1周差とな。
なんてこった。1周あたり0.9秒も遅れてるというコトですかい。
いやぁ~レベルがちがいすぎますな。



予 選 2 回 め
タミヤGP東京201606

セッティング変更等はいっさいナシ。タイヤもモーターもまったく触らずそのまんま。例によってバッテリーの積み替えのみで出走準備完了です。

せめてトップと同一周まで、という思いで攻め込んではみたものの…会心の走りにはほど遠く、後半何度かラインを大きく乱してタイムロス。

結局、1秒ほどのタイム更新にとどまり、全体では8位にランクダウン。辛うじてAメインに引っかかりましたが、なんかイマイチ消化不良的な冴えない走りでした。


タミヤGP東京201608
うまく走ってるつもりでもスッと離され置いていかれる。トップクラスのマシンとの差は歴然。トラクション性能が段違いなのか!? ガチガチに固めたデフを組んで、それを操る華麗なテクを身に着けないと上位はねらえないってこと!?



決 勝 レ ー ス

コースイン直前にカーナンバーが8から7に変更になったりでドタバタでグリッドに。理由はよくわかりませんが、7番手からのスタートとなりました。

タミヤGP東京201610


で・・・。

レース中のことはほとんどなにも覚えておりませーん。あまりに集中していたのか、それともよほど操縦にいっぱいいっぱいだったのか。何度か接触して転倒したような…!?

あ、そうだ、思い出した!! 
「それ」は突然なんの前触れもなくやってきた。
スタートから2周め突入してすぐのこと。いきなりハイサイドして転げたんだった。

2コーナーと最終コーナーで、ほんの少しでもハンドル切りすぎたり失速させたりすると、イン側がフワッと浮き上がる。予選まではそんな兆候ぜんぜんなかったのに。

それで「ヤバいヤバい…どうすれば??」と、一瞬でパニック状態に陥り頭真っ白に→ステアリング操作が一気に硬直→焦りと緊張でプロポ握る手が震えだし…。

そんなんでキレイにラインをトレースするような走りなどできるはずもなく。

結果は、スタート順といっしょの7位フィニッシュとなりました。

ここへきて路面状況がよくなりグリップが上がったのでしょう。
足をハードめにセッティングしてる自分のマシンは、路面が上がると食いゴケのリスクが高まることはじゅうぶん承知していました。それでも、まさか…という思いです。心の準備ができていなかった。ヘボいなぁ~。


ここからさらに順位を押し上げようと思ったら、せめてひと月に1回くらい(もっとか!?)はレーシングスピードで、できればバトルを伴うようなシチュエーションで走らせてないとダメでしょうね。

いまみたいなのんびりペースで取り組むスタンスから一歩踏み込んで、レース感覚を呼び覚ますようなトレーニングが必要っぽいです。

マシンメイクうんぬん言う前に、まずは「突発的なアクシデントにもテンパらず冷静に対応できる精神力を養うべし」ってことですな。少なくとも、ほかの参加車に迷惑かけないように走れるようにならんと。

参加されたみなさん、どうもお疲れさまでした。




タミヤGP東京201601










【新入荷】タミヤ M-05Ra & FF-03R【未走行&おすすめユーズド】

こんにちは、『RCLINK』Webショップです。
タミヤ M-05Raほか入荷いたしました。

『タミヤ M-05Ra』
『タミヤ FF-03R』



M-05Raは組み立て途中のハンパ状態で入荷。もちろん未走行の極上ユーズドとなります。

FF-03Rは走行歴ありのためシャーシ裏面にこそ傷が見受けられるものの、全体的に使用感軽微でかなりねらい目の注目物件!!

ともに準備ができ次第ショップページに掲載予定です。
詳細は商品ページをごらんください。
お見逃しなく!!



[2015年2月20日追記]
thank you,SOLD OUT!!
タミヤ M-05Raはご売約済みとなりました。ありがとうございました。
今後も特選中古モデル&各種厳選アイテムの入荷予定がありますので、引き続き『RCLINK』webショップにご期待ください。


[2015年2月24日追記]
thank you,SOLD OUT!!
タミヤ FF-03Rはご売約済みとなりました。ありがとうございました。
今後も特選中古モデル&各種厳選アイテムの入荷予定がありますので、引き続き『RCLINK』webショップにご期待ください。







【新入荷】タミヤ XANAVI NISMO GT-R スペアボディ【完成品】

こんにちは、『RCLINK』Webショップです。
タミヤ XANAVI NISMO GT-R 完成ボディが新入荷いたしました。

[2014年2月12日追記]
thank you,SOLD OUT!!
ご売約済みとなりました。ありがとうございました。
今後も特選中古モデル&各種厳選アイテムの入荷予定がありますので、引き続き『RCLINK』webショップにご期待ください。


『タミヤ XANAVI NISMO GT-R ボディ』
Xanavi GT-R

観賞用としても通用する抜群の仕上がりを誇る大人気のメーカー完成品です。XB車両用のスペア部品としてアフター扱いとなっているボディですね。早い者勝ち!!

詳細は商品ページをごらんください。



PageTop

プロフィール

RCLINK

Author:RCLINK
中古ラジコン・絶版・アウトレット品専門店『RCLINK(アールシー・リンク)』webショップです。ラジコン用品(未使用品・中古品)やアウトレットパーツ、絶版ラジコン用品の販売のほか、ラジコン買取も行っております。ぜひお店をのぞきにいらしてください。

『RCLINK』webショップ http://www.rclink.jp/

最新記事
最新トラックバック

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR