FC2ブログ

【新入荷】タミヤ TT-02D TYPE-S ドリフトスペック【程度良好】

こんにちは、『RCLINK』Webショップです。
タミヤ TT-02D TYPE-Sほか入荷いたしました。


『タミヤ TT-02D TYPE-S』
TT-02D TYPE-S 00

キットの組立説明図に「★通常のグリップタイヤを装着すればタミヤグランプリなどのレースでも高性能を発揮します。」と明記されていることからもわかるように、その潜在性能はシリーズ屈指。ドリフト走行だけにとどめておくのはもったいない、楽しさ広がる高性能モデルです。

マツダRX-7(FD3S)未塗装ボディ付きでお得感もバッチリ!!

準備が整い次第、ショップページに掲載予定です。
お見逃しなく!!




ラジコン関連アイテム買取強化中!!

使う機会がなくなった旧車&型落ちマシンも大募集!!

活躍の場をなくし押入れの奥に仕舞いこんだ先代モデルやメカ類など、ありませんか?
RCLINKではそんな「お宝」の買取に力を入れています。
価値を正しく評価し、できるかぎり高価買取いたします!!
(近郊に限り出張買取もやってます!!)

お問い合わせはお気軽に!! →→→ mail@rclink.jp
詳しくはコチラからどうぞ。

☆   ☆   ☆   ☆

会員登録されているかたは「ログイン」をお忘れなく!!

会員さまは送料が一律200円割引となります。

限られた特典ではございますが、当店が提供できるただひとつの会員向けサービスでもあります。

ご注文の際は、ご面倒でもログインをお忘れなきよう、あらためてお知らせ申しげます。





ひと月に一度の
技量維持活動ってやつデス


地味な仕様変更の効果見定めなど少々

TT-02S 04


世のトレンドからはいつも周回遅れ。話題もちきりの新型ベルト車の波にも乗り遅れる有様で、あいも変わらず、ひとりチマチマとTT-02 TYPE-Sなどと戯れておりまする。

この日は、県内某レジャー施設インドアコースにて月イチ恒例のお気楽走行。最近じゃすっかりお気楽モードも板についてきて、充電器も用意しなければ、ろくに工具すらスタンバイしないというモノグサっぷり。

まるでタミグラの朝一番の練習走行の如く、前日夜に充電したバッテリー載せてソッコーでコースイン、みたいな。

いわゆる“カツる系”とは対極のスマートスタイルってヤツですナ。

走りのほうは、ラジアル履いた状態では若干ノーズインが緩慢な印象はあるものの、まずまずの及第点。速くないけど扱いやすいといったパターン。

フロントデフの作動を軽くすることなくもうちょい旋回初期を鋭くできればなぁ~などとあれこれ妄想しつつ、なんだかんだひとしきり楽しんだ平日午後の3時間パックでした。


TT-02S 05
試しにフロントアッパーアームのバルク側スペーサーを1mmから2mmに換えたらフロントタイヤの接地感アップ。ならばリヤはどうだと思い切ってアップライトを変更(TRF416内穴→TRF419へ)。狭いコースは、やはりアーム長が1mm弱短い416のほうが軽快な動きで好みに合うっぽく。




【新入荷】タミヤ XB マツダ ロードスター (M-05)【未走行】

こんにちは、『RCLINK』Webショップです。
タミヤ XB M-05ほか入荷いたしました。


『タミヤ XB マツダ ロードスター (M-05シャーシ)』
M-05 XB 00

カッコいいロードスターボディを支えるシャーシは、コントロール性に優れた実績じゅうぶんのM-05。安心品質のメーカー完成車で未走行。コンディション的にも申し分ナシと言っていいでしょう。

状態のいいユーズドM車をお探しのかたにはまさにうってつけ!!

準備が整い次第、ショップページに掲載予定です。
お見逃しなく!!






ラジコン関連アイテム買取強化中!!

使う機会がなくなった旧車&型落ちマシンも大募集!!

活躍の場をなくし押入れの奥に仕舞いこんだ先代モデルやメカ類など、ありませんか?
RCLINKではそんな「お宝」の買取に力を入れています。
価値を正しく評価し、できるかぎり高価買取いたします!!


★古くてもダイジョウブ!! 
 →ていねいに扱われていたモノはしっかり値が付きます!!
★組立途中で断念…なーんてキットも大歓迎!! 
 →ハンパ物けっこう得意なんです!!


買取価格に自信あり!!
近郊に限り出張買取もやってマス!!
ぜひ、ご利用ください。


お問い合わせはお気軽に!! →→→ mail@rclink.jp
詳しくはコチラからどうぞ。



BUGGYRA FAT FOX




【新入荷】タミヤ TRF102 シャーシキット【程度良好】

こんにちは、『RCLINK』Webショップです。
タミヤ TRF102ほか入荷いたしました。


『タミヤ TRF102 シャーシキット』
TRF102 01

斬新なメカニズムのリヤサスまわりや、バッテリーを吊り下げマウントするスタイルなど、オリジナリティ溢れる各部の作りが目を引くハイエンドフォーミュラ、TRF102の特選ユーズドです。

跳馬車風メイクのPROボディやロープロサーボまで付いてコスパばっちり。掘り出し物の1台となっております。この機会にぜひどうぞ。

準備が整い次第、ショップページに掲載予定です。
お見逃しなく!!






ひと月に一度の
技量維持活動ってやつデス


TT-02 TYPE-S タミチャレ仕様で足をあれこれ

この日は屋外アスファルトコースのD-Drive Sportsさんへ。

TT-02S 01

なんかちょっと手こずり気味です。

ジツはいまさらではありますが、かつて「プログレ特性なのでは!?」などと噂されたこともある謎多きスプリング「OP.1797 ショートII」の可能性を、あらためて探っております。

ゴキゲンなセットが作れないもんかとアレやコレや試行錯誤するも、まぁなんと言いますか、いまのところ望んだフィールは得られずで苦戦しとるわけでして。

軸にしているのはいちばんレートの高いスーパーハード(白)。TA07Rのキット標準とおそらく同一品ですよね!? 線径のわりには巻き数が少なく、見るからに応力が高そうなちょっとした変わりダネ。

バネ鋼の質がよっぽど高くないと、こんな巻き方したらすぐヘタリそうなもんですが、それは逆に製品に対する自信の表れと見るべきか。

このタイプは、ストローク初期からシャキッと姿勢を戻そうと働くので、自分的には、これまでM-05のリヤ用なんかに活路を見出していました。というか、それくらいしか出番がなかったと言ったほうが的確かも。けっこう忘れられがちな万年ベンチウォーマー的アイテムだったりするんですよね~。

ハイグリップなフラットサーフェイス路面でいい仕事しそうな雰囲気のバネなので、案外、掛川サーキットなんかも相性がいいのでは!? なーんて勝手に妄想しています。反対にギャップのある荒れた路面はNGな気が。このへんはたぶん遠からず、でしょう。

まだ完全に使いこなすに至ったわけではありませんが、少しずつその持ち味は見えてきつつ。

扱い面での最大のネックと感じたのが、スーパーハード(白)とミディアムハード(金)の性能格差でしょうか。

この二者はまるっきり別物といっていいほどバネ定数の差以上に特性が異なるようで、前後で組み合わせて使うとかこれまでのような感覚でセッティングすると深みにハマるっぽいです。

たとえば、前後にスーパーハード(白)を組んだ状態で、フロントスプールでは曲がりが足りず、やや重めのギヤデフまでがバランス的には無難なかんじ、なときとか。

で、フロントにデフロックブロックを使いたい場合、フロントスプリングをミディアムハード(金)に落とすといい方向にいきそうなもんですけど、実際やってみるとマッチしてる感覚はあまりなく、ヘンにロール感が出るばかりでコントロールが難しくなるだけ、と。

前のレートが低すぎ…だけでは説明できないようなチグハグさ。まるでリニアハイレートのリヤに対しフロントだけプログレッシブにしたかような捉えどころのない動き(←どんなだ!?)。

ミディアムハードとスーパーハードの中間くらいの特性(いろんな意味で)のバネがあるとなにかと都合がいいのになぁ~というのが率直なところですかね。

☆  ☆  ☆  ☆

そこそこの線径のわりに定数も応力も控えめで、しなやかでコシのある特性を見せるの大径ショートあたりとはまるで対極。スイートスポットが狭く、ほんとムズカシイっす→ショートタイプスプリングセットII(のスーパーハード)。

まぁでも、せっかくの貴重な使いやすい自由長のバネですし、選択肢のひとつとしてもうちょいトライは続けてみるつもり。ひと筋縄ではいかなそうですが。

はたして光明を見出すことはできるのでしょーか!?



TT-02S 03
ミディアムソフト(黒)、ミディアムハード(金)まではMシャーシではよく活用しますが、その上のかたさとなるとほとんど出番ナシ。低レート系に属しながら初期からパツパツのイメージがあるこの荒巻きバネ「スーパーハード(白)」は、タミチャレ仕様ツーリングで活かせるのか!? 





【新入荷】タミヤ FF-03 PRO【コンディション良好】

こんにちは、『RCLINK』Webショップです。
タミヤ FF-03 PROほか入荷いたしました。

『タミヤ FF-03 PRO』
FF-03 PRO TT-02

それほど走行は多くないと思われる、状態のいいキレイなFF-03 PROです。

スタビライザーやユニバ、カーボンステフナーなどの効果的なオプションパーツも投入済み。FF車特有の実車感あふれる走行フィールを存分に楽しんでいただける、イチオシのおススメUSEDとなっております。

準備が整い次第、ショップページに掲載予定です。
お見逃しなく!!






ご注文時の送料提示の不具合につきまして

RCLINKでお買い物されるかたにご連絡いたします。

当店では、商品の大きさに合わせ、送料を60サイズ、80サイズ、100サイズと分けて荷物ごと個別の設定をさせてもらっております。

例) シャーシ完成品 → 100サイズ、アンプや受信機などの小物 → 60サイズ など

システムの都合上、ここにちょっとした落とし穴がありまして、たとえば完成車(シャーシ)といっしょにアンプなどをご注文された場合、送料が100サイズのぶんと60サイズのぶん、ダブルでご請求提示してしまうかっこうとなっています。

もちろんこれらは誤りで、大きいほうに同梱可能なので、60サイズぶんの代金は必要ありません。

これまでこのようなときは、ご注文確定後にただちにご請求額を修正させてもらっておりましたが、なかには振込等により即座にお支払いを完了されるかたもいらっしゃって、差額の返金処理となるケースも稀にですが発生しております。

もし、複数の商品を同時にご注文される際、注文画面で送料が別々にかかるように表示されましたら、大変ご面倒とは存じますが、いったん当店までメール等でお問い合わせいただきますようお願い申し上げます。最低限の送料負担でお買い物ができるように対応させていただきます。

当ショップシステムの不備により、わかりづらさやご面倒をおかけしておりますことを、お詫び申し上げます。今後とも、変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。


RCLINK
============================
《お問い合わせ先》
RCLINK (アールシー・リンク)
URL http://www.rclink.jp
E-MAIL mail@rclink.jp
============================






ラジコン関連アイテム買取強化中!!

使う機会がなくなった旧車&型落ちマシンも大募集!!

活躍の場をなくし押入れの奥に仕舞いこんだ先代モデルやメカ類など、ありませんか?
RCLINKではそんな「お宝」の買取に力を入れています。
価値を正しく評価し、できるかぎり高価買取いたします!!


★古くてもダイジョウブ!! 
 →ていねいに扱われていたモノはしっかり値が付きます!!
★組立途中で断念…なーんてキットも大歓迎!! 
 →ハンパ物けっこう得意なんです!!


買取価格に自信あり!!
近郊に限り出張買取もやってマス!!
ぜひ、ご利用ください。


お問い合わせはお気軽に!! →→→ mail@rclink.jp
詳しくはコチラからどうぞ。



TT-02B_20210514133247f29.jpg




【新入荷】タミヤ TA06 / マイティフロッグ【優良USED】

こんにちは、『RCLINK』Webショップです。
タミヤ TA06、マイティフロッグほか入荷いたしました。


『タミヤ TA06』


TA06は走行歴アリのユーズド車。メカ搭載済みで即走行可能な状態となっています。

バッテリー、モーターといった重量物を車体中心線上に配し、とくにカーペットやハイグリップ路面で抜群の運動性能を発揮するミドルクラスツーリングです。ステップアップをめざすビギナーにおススメ!


『タミヤ マイティフロッグ』
The FROG

こちらは1983年登場の製品の復刻版。最終的な完成状態には至っておらず、組立途中で放出された未走行品となります。

懐かしさを感じるオールドファンだけでなく、逆にそのレトロなメカニズムに斬新さを感じるフレッシュカマーまで注目の1台と言えそう。

どちらも準備が整い次第、ショップページに掲載予定です。
お見逃しなく!!





ひと月に一度の
技量維持活動ってやつデス


久しぶりにM-08を走らせるも…

昨年12月のタミヤGP・チャンピオン戦以来ですかね、走行させるのは。レース以降、そのままの状態でずーっと放置しておりました。

M-08 031

この日は屋内カーペットということで、タイヤだけMグリップに変更して、ほかはとくに手を入れることなくコースイン。

なんかイマイチ…。
妙にじゃじゃ馬的な。楽しくない。

まぁそうでしょう。掛川サーキットを見据えた現セッティングが、このとっても狭いカーペットコースにはマッチしとらんのよね。

ていうか。

わかっちゃいるんです。そう、マシン特性を気難しくしているイチバンの要因は、もう何度も触れているけどパワー系なんすよネ。

超ドッカン特性のブラシレスアンプ(03S)&モーターが「アホかっ!!」てくらい度を超えてマシンをデリケートにしてる。

GTチューンくらいまでのブラシモーターなら、基本同一セットでどこでも気持ちよく走るマシンなのに、ブラシレス仕様だと途端に豹変、コースごとピンポイントセットが要求される駄目っ子になり下がる、と。

ほんと、こういうの、いらぬストレス以外の何物でもなく。

おそらく、現状から前後のバネを入れ換えるくらいすればいくらかよくなったのだろうけど、面倒くさいのでさわらず。ソッコーで走らせるのヤメちゃいましたとさ。

んで、代打要員として登場願ったTT-02 TYPE-Sが、どういうわけかこれまたご機嫌ナナメときた。まったくもぉ~。

ま、こういう日もあるってことで。

「顔を洗って出直しな」と、そんな声がどこからともなく聞こえてきそうな、平日午後のひと時でした。


M-08 032
唐突な出力特性を考慮してリヤサスをウンとしなやかにしてやらないと180度旋回するようなタイトコーナーからの立ち上がりが厳しく、そうしたらしたで今度はコーナー進入~ターンイン初期にリヤの踏ん張りが足りなくなってくる。ドッカンパワーのリヤ駆動車はバランスの見極めがとっても難しい。




PageTopNext>>

プロフィール

RCLINK

Author:RCLINK
中古ラジコン・絶版・アウトレット品専門店『RCLINK(アールシー・リンク)』webショップです。ラジコン用品(未使用品・中古品)やアウトレットパーツ、絶版ラジコン用品の販売のほか、ラジコン買取も行っております。ぜひお店をのぞきにいらしてください。

『RCLINK』webショップ http://www.rclink.jp/

最新記事
最新トラックバック

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR