【REPORT】 第26回 タミヤグランプリ 全日本選手権 東京大会

新型マシンで挑むハイレベルバトル!!
苦し紛れの奇策で勝負じゃ~!!


今年の東京大会は『MAZDAチャンピオンシップ』クラスと『フォーミュラグランプリ』クラスのダブルで参戦です。注目のMAZDAは、従来より一段階レース指向に振れたM-07 CONCEPTの登場によって、ますますバトルが白熱したものとなりそうな予感!!

TAMIYA GRAND PRIX
20170812_04.jpg
2017/8/12 五反田TOC 13F グランドホール


参戦記 その1
~準備編~


MAZDA チャンピオンシップ CLASS
M-07 CONCEPT
20170812_01.jpg

いやぁ悩みました~。実績じゅうぶんのM-05でいくか、それともベースポテンシャルは高いもののイマイチ要領がつかめない未知数の新型車M-07でいくか。

ともに長所&短所があって、どちらかが絶対みたいな差はないのが実情です。

フロントが引っかかって巻きやすいM-07に対し、コーナーマーカーちょっと踏んだだけでゴロゴロ転げまくるM-05。リスク的にはほぼイーブン。ならば、よそのM-07の仕上がり具合も気になることだし、ここはいっちょ新型でいっときましょかと。

仕様はずばりノーマルです。組立説明図どおりの完全素組み。著しく性能を高めるようなOPパーツも出てないし、ま、OKでしょうと。

ポイントはタイヤ選択のみ。カーペット路面はMグリップが定石ですが、あえてフロントのみSグリを履くという奇策に出ました(前後とも中古)。

駆動輪のグリップレベルをワンランク落とすワケですから、フツーはあんまりやらない手法でしょう~~~。

でもこれが、まったく巻く気配すら見せずアホみたいによく走るんです。進入でケツがプリッとしないから失速せずコーナー旋回速度もじゅうぶん速い。なもんで、気になるほど立ちで遅れをとることもないんです。

練習もセッティング出しもぜんぜんしていない自分にとっては、縦(トラクション)を捨ててでも横(前後バランス)を適正化してやるほうが、都合がよかった、というかラクだったんですネ。



■SPEC.
サーボ: Futaba S9550
アンプ: TAMIYA VOLAC MS C3
モーター: LIGHT TUNE
バッテリー: 1600SP
タイヤ: F Sグリップ/R Mグリップ
インナー: F/Rハード
ホイール: スイフト 11本スポーク
ダンパー: CVA スーパーミニ(1H #400)
スプリング: F ブラック(イエロー)/R ブラック(ブルー)
ボディ: マツダロードスター
全備重量: 1295g



20170812_11.jpg
ボディは3月の横浜大会で使用したロードスターをそのまま。あ、そういえばウレタンバンパーを少し小型化しました。唯一の非ノーマルポイントです。

20170812_15.jpg
M-07はサスのリバウンドストロークが長すぎると挙動変化が激しすぎて走らないクルマになってしまいます。常にチェックするポイントはそこだけ。

20170812_16.jpg
フロントSグリ+リヤMグリは、M-05のカーペットコース転倒対策でも有効です。へんな引っかかりがなくなってとってもイージードライブが可能に。



フォーミュラ グランプリ CLASS
F104
20170812_02.jpg

前から一度参加してみたいナと思っていたF1クラス。ようやく機会が巡ってきましたよ~。

マシン製作の方向性もドライビングも経験不足でまるで自信がないので、賑わい要員くらいの軽い気持ちで挑みましたとさ。

マシンの仕様的には、アッパー+ロワデッキがカーボン製に、ロワアームがTRF102の強化樹脂製にアップデートされているほかは、おおむねX1に準じたスペック(ロールダンパー仕様)となっています。

ボディはF104 PRO。走行性能ウンヌンについてはあまり関心がないので、カッコいいし、なんとなくで選んでみましたデス。

タイヤは、今回からカーペット路面に限りスポンジタイヤが再度使用可能になったので、フロントB+リヤAの定番セットで迷いナシ。前後とも新品から2~3mmほど減ったユーズドを選んでみました。

軽いスポンジタイヤ使用に伴い、最低重量(1100g)を満たすためにヘビーウエイトピボットポスト装着、それとサーボ付近に20gのバランスウエイトを積んで対処。全体的にこれといって見どころもない地味な仕様ではありますが、じゅうぶんです。



■SPEC.
サーボ: Futaba S9550
アンプ: KEYENCE EXSTRAIGHT
モーター: FORMULA TUNE
バッテリー: LF2200-6.6V
タイヤ: F スポンジB/R スポンジA
Tパー: ソフト
ピッチングダンパー: TRF(3H #400)
スプリング: ショートイエロー
ロールダンパー: フリクションパッドグリス(M) 1/2塗り
ボディ: F104 PRO
地上高: F 6.5mm/R 8.0mm
全備重量: 1105g



20170812_12.jpg
はじめてF104でレースするにあたり、もっとも悩まされたのがトランスポンダーをどこに載せるか。適当な部品でホルダーを製作するもフィット感は難ありで…。

20170812_13.jpg
ステアリングアシスト・センサーユニット(TGU-01)はサーボの後ろのスペースに搭載。AVCSモードで感度は30くらいを基準に微調整して様子をみることに。

20170812_14.jpg
ほかのボディとくらべて前後ともウイングが軽いPROボディ。各々特性のちがいを知ったうえで使い分けできればレースで強い武器にもなるのでしょうが…。





続きを読む

【新入荷】タミヤ TA03F PRO DRIFT SPEC / TA06 PRO【程度良好】

こんにちは、『RCLINK』Webショップです。
タミヤ TA03F PRO ほか入荷いたしました。

『タミヤ TA03F PRO DRIFT SPEC』
TA03F PRO

すでに旧車と呼ばれる領域に達してるモデルなので、キレイな個体に出会うチャンスもだいぶ減ってきているのではないでしょうか!?

今回入荷したのは、ドリフトスペックとして再デビューを果たした21世紀版の限定バージョン(ドリフト仕様とは言ってもタイヤが異なるくらいで中身は初期からほぼいっしょ)。

フロントモーター4駆ならではの独特の走行フィーリングが、ドリ・グリ二刀流で楽しめちゃう、とっても価値あるモデルです。



『タミヤ TA06 PRO』
TA06 PRO

こちらのTA06 PROはバリバリにレースを意識したOP満載仕様ユーズド。走りに効果てきめんな隙のないセットアップで、戦闘力は相当高そうな雰囲気です。


いずれも準備が整い次第、ショップページに掲載予定です。
お見逃しなく!!







【新入荷】タミヤ FF-03 / FF-03 PRO【未走行新同品】

こんにちは、『RCLINK』Webショップです。
タミヤ FF-03 ほか入荷いたしました。


『タミヤ FF-03』『FF-03 PRO』


標準グレードのFF-03は、微妙にお手付き状態で入荷したキットを、検品したのちイチからカタチにしたモノ。走行どころかメカ積みさえもしていない、まさに新車そのものと言っていい好物件デス。

もう一方のPROは、主要箇所に相応のOPパーツが投入された即戦力マシン。こちらも未走行でかぎりなく新車に近い極上コンディション車となっています。

準備が整い次第、ショップページに掲載予定です。
お見逃しなく!!





FF-03_02.jpg
キット内容物のチェックを済ませたあと、そのまま組み立てに移行。なんの問題もなくサクサク順調に進行し、3時間ほどでダンパーなど一部を残した半完成状態に。




【新入荷】タミヤ F103 RMシャーシ / F103用ボディ各種【未走行】

こんにちは、『RCLINK』Webショップです。
タミヤ F103 RMほか各種入荷いたしました。


『タミヤ F103 RM』
F103 RM

いまだ根強い人気を誇るF103シャーシの未走行極上物です。同時にF103用ボディパーツ(Mタイプ)も入荷。こちらはおそらく催事限定販売品で、いまや貴重になりつつある掘り出し物となります。

準備が整い次第、ショップページに掲載予定です。
お見逃しなく!!






M-07 CONCEPT
その可能性は!?


PART2

シェイクダウンはカーペット路面の屋内コースにて。比較用にノーマル+α仕様(フルベア、CVAダンパー、ユニバーサル)のM-05を用意して、いざチェック!!

M-07 CONCEPT 05
M-05、M-07 CONCEPTともにライトチューンモーター搭載、Mグリップタイヤ装着。ボディはスイフト(ホイールベースM寸)で走行。俊敏な身のこなしのM-05に対し、M-07 CONCEPTは路面に張り付くようなコーナリング。

走り出してまず感じたのは「足がよく動くな~」ってコト。軽快でダイレクト感ある動きが持ち味のM-05と比べると、しなやかすぎちゃってなんだか違和感ありまくり。

ロールが深く長いんです。それもM-05のようなイン側が持ち上がるロールではなく、アウト側にグッと荷重が乗る“沈みロール”が特徴的。

バネ&ダンパーがやわらかめの設定なのもありますが、これらはサスペンションジオメトリーが見直されロールセンターが下がったことなどが大きく効いてると思われます。

コーナー進入から、ほんといい旋回姿勢を見せますねー。しっかりグリップ感を伴った安定感があって、オンザレールに近い感覚かも。躊躇なく握っていけるので速さにもつながっていると思われます。

デフの特性が影響しているのか、コーナー立ち上がりは若干デリケートな挙動(舵残りのような感覚)をみせる場面もありますが、慣れてくればぜんぜん順応できるレベル。

また、いったんラインを外すと修正にワンテンポ遅れたり切り返しなどで鈍重さを見せるシーンもあったりしたので、ためしにリヤスプリングをノーマルの黒青からツーリングカーOPの青ロングに変更してみたらコントロール性が向上。

コースレイアウトや路面とタイヤの相性にもよりますが、足をかためる方向でセッティング変更してやると、よりドライビングがイージーになってMシャーシっぽい挙動が楽しめると思います。個人的にはスタビライザー装着が効果的では、とイメージしておりますがどうでしょう!?

レース目線で見るなら、現段階ではノーマル+αのM-05は余裕で置き去りにするポテンシャルはありそうですが、レース用に高度にセットアップされたM-05相手にはちょっと歩が悪いかもしれません。まぁ、今後の熟成次第で、いずれそのポジションも逆転してくるとは思いますが。

完全ドノーマルで行ったシェイクダウンはおおむね好感触。でも正直「どうなのよ!?」と思う気持ちが少なからずあったのも事実です。

限界の低さや一種の危うさがあって、それをどう克服して走らせるかがMシリーズの醍醐味であり楽しさだってのに、そういった刺激もドキドキ・ワクワクする感覚も希薄ときた。Mっ気がまったく表面化しないMシャーシとはこれいかに!? なーんて。

M-05とは特性に違いがありすぎて単純比較できません。一長一短あるというより、もう別物(別カテゴリー)と判断していいかもしれませんね。

「これ以上の走りの追求は結構。お願いだから空力ボディとか絶対出さないでちょうだいね」と強く感じた、それだけいろんな意味でインパクトのあった初走行なのでした。



M-07 CONCEPT 06
タイヤがしっかりグリップしていたこともあり、左右の切り返しなどで少々腰砕け気味だったのでリヤのバネを交換してフィーリングチェック。繊細なコントロールができる上級者はノーマルでOK、ラフなドライビングのひとはハードめ方向が好結果につながりそう。






【新入荷】タミヤ TA06 MS / TB-04 PRO【優良コンディション】

こんにちは、『RCLINK』Webショップです。
タミヤ TA06 MSほか各種入荷いたしました。


『タミヤ TA06 MS』『TB-04 PRO』
TA06 MS TB-04 PRO

かなり特別感のある限定アッパーミドルモデルTA06 MSと、オプションパーツ満載の極上TB-04 PRO入りました。

いずれもタミヤ系レースの即戦力車。走行わずかの程度抜群ユーズドなので、まだまだ存分に活躍してくれることまちがいナシ!!

準備が整い次第、ショップページに掲載予定です。
お見逃しなく!!






M-07 CONCEPT
その可能性は!?

PART1
M-07 CONCEPT

さっそく組んでみました。
いま話題のNEWシャーシ『M-07 CONCEPT』。

どこがどのように進化したのか、実際に触れて走らせて先代モデルとのちがいなどをじっくり見極めていきたと思います。

まずは組み立ててみて感じたことをいくつか。

樹脂パーツは全体的にやわらかめです。メインフレームも言うほどかたくない。ヘタに「タップ立ててから…」とかやっちゃうと完全に余計なお世話系デス。

シャーシ全体の剛性は構造(デザイン)から得ており、さわった感覚では見た目から受ける印象よりもフツーっぽく(!?)、捻じれもピッチングもM-05系とさほど差はないように感じました。

気になった部分では、まず新形状の足まわり。サスピンの固定方法などおもしろいな~と思う反面、一部削り加工して組まないとスムーズに動かないというのは、いい悪いは別にしてこれまでのMシリーズとは一線を画すところです(個人的にはNG)。

しっくりこないというか、どうしても納得できないパートもありました。

それは、M-07の注目ポイントのひとつ「上下分割構造」のギヤボックス。シャーシ先端のデフを支持するベアリング部がちょっとよろしくないかんじ。

スラスト方向はキツキツで上下(天地)方向はガタガタ。ベアリングの収まり具合が自分の理想とはだいぶ異なります。

ひと言でいえば回転が重い。無駄なフリクションロスが発生しちゃってるんです。駆動系の出来の善し悪しは走りに直結するだけに、モヤモヤ感が残るというか、自分の心にもちょっとストレスです。

これって、かつてTBエボ3のギヤケースで採用したクリアランス自動調整のような概念のメカニズムなのでしょうか!? あえてこのような作りにしているのは明確です。

このシャーシ形状でこの最前部にデフを置くレイアウトだと、きっちり適正なポジションでベアリングを固定しちゃうと、前からのクラッシュ時にギヤ関係が耐えられないから…なーんてネガな理由が隠れているのかもしれませんね。大きなウレタンバンパーが採用されたことも無関係ではないでしょう。

また、フロントサスのアッパーアームピボット部のピロボールがベアリング支持部に近すぎるのも回転を重くする要因のひとつと考えられます。ピロボール取付け時の締め込みによって、周辺樹脂が微妙に変形し横からベアリングを圧迫する、みたいな。

ギヤボックスの構造上、ビスの締め加減でどうこうというものではないし、シム調整で、とかの類でもない。このへんの対処を含め、マシン作りには個々の力量とセンスが問われそうです。

オイル封入式ギヤデフの採用やサスペンションジオメトリーの適正化は、走り(速さ)においてはまちがいなく正常進化した部分でしょう。ただその変化が楽しさにつながるかどうかは別問題。

Mシャーシのポジションや求められているファクトを冷静に俯瞰すれば、「ひとを出し抜こう的なナニか」はぜんぜん重要ではないワケで。

このあとは実際に走らせて、その素性についてじっくりチェックしてみたいと思います。



M-07 CONCEPT 02
このリヤのスペースはバランスウエイトを積むのによさ気なかんじ!?

M-07 CONCEPT 03
サーボホーンがフレームに干渉したりと、小さな突っ込みどころも。

M-07 CONCEPT 04
1600SPバッテリー(約300g)載せてボディなしで1220g。まずまずですナ。
※ライトチューンモーター、VOLAC MS C3、Futaba S9550/R314SB-E搭載、Mグリップタイヤ装着時。







PageTopNext>>

プロフィール

RCLINK

Author:RCLINK
中古ラジコン・絶版・アウトレット品専門店『RCLINK(アールシー・リンク)』webショップです。ラジコン用品(未使用品・中古品)やアウトレットパーツ、絶版ラジコン用品の販売のほか、ラジコン買取も行っております。ぜひお店をのぞきにいらしてください。

『RCLINK』webショップ http://www.rclink.jp/

最新記事
最新トラックバック

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QR